Present the France Trip

トレンドニュースや炎上、考察、面白いアプリやグッズなどを紹介

薬さえも3Dプリント技術で作れる時代が来た。

   

d5c9a17d0e444500b5289224cb8a50b3_s

薬を3Dプリンタで作り出すという技術が確立しつつあるようです。

最近では3Dプリンタを使って、車や銃、フィギュアからリモコンの蓋までとありとあらゆるものが作り出せる時代。

3Dプリントできるピザというのも話題になりましたが、今度は3Dプリンタで作った薬です。

ロイターによると、米国食品医薬品局(FDA)が、患者ごとのニーズに合わせた薬の実現に向け、初めて3Dプリント技術を使用した薬にGOサインを出したのだとか。

てんかんと闘うための補助療法として設計された「Spritam」という薬を医薬品企業Apreciaが開発しており、

3Dプリントを活かした同社独自のZipDose技術によって、一口舐めるだけでも急速に溶ける多孔質製剤になっています。

SnapCrab_NoName_2015-8-5_13-15-57_No-00

よく溶ける!

上手くいけば、2016年の第一四半期までには利用できるようになるとか。

http://www.gizmodo.jp/2015/08/3d_194.html

        

ad

ad

  関連記事

SMAPにパワハラメリー喜多川にBPO案件と解任署名運動

絶対的な芸能界の権力者として君臨するメリー喜多川。彼女の横暴がゴールデンタイムに …

【国会がギャグ】安保関連法案がまさかの全会一致でコント状態

安保関連条約が可決しましたが、国会がまるでコントのようだと話題に 画像はこちら …

幻想的な土ボタル ニュージーランドの洞窟が美しい

ニュージーランドの洞窟で幻想的に光る土ボタルが美しい。 撮影したのはニュージーラ …

【名探偵コナン】ついに黒の組織のあの方の名前が判明【烏丸】

引っ張りに引っ張った? ついに黒の組織のボスの名前が判明しました 今週のサンデー …

火事注意!電源プラグからのトラッキング現象に注意

乾燥する時期、火事の危険は身近なところから 電源タップからの出火原因が話題になっ …

フェイスブック遺言サービス開始

死後も安心してご利用いただけます こんにちは、いきなり辛気臭いサムネイルですが、 …