Present the France Trip

トレンドニュースや炎上、考察、面白いアプリやグッズなどを紹介

美術館で女性に声をかける迷惑なちょいワルジジに非難殺到【炎上】

   

ツイッターで話題沸騰中

女をナンパしたけりゃ美術館へ行って絵を見る女性にその絵のうんちくを聞かせてそのまま食事に誘って肉の部位を話せばちょろいぜ(意訳)

というコラムに非難殺到中

そんな騒動の内容をまとめました。

元のコラム

 

この話題のきっかけになったのはこのNewポストセブンに投稿されたこの記事から

 

内容抜粋

 

「美術館なんて出会いの場所になり得ない」と思うかもしれませんが、実は1人で美術館に訪れている女性は多い。しかも、美術館なら一人1500円程度だからコストもかからない。

 まずは行きたい美術館の、そのときに公開されている作品や画家に関する蘊蓄を頭に叩き込んでおくこと。

熱心に鑑賞している女性がいたら、さりげなく「この画家は長い不遇時代があったんですよ」などと、ガイドのように次々と知識を披露する。

そんな「アートジジ」になりきれば、自然と会話が生まれます。美術館には“おじさん”好きな知的女子や不思議ちゃん系女子が訪れていることが多いので、特に狙い目です。

たとえば、料亭などで出される「鮎の塩焼き」の食べ方をいまの若い人は知らないことが多い。

尾ヒレを外してから、横にすぽんと骨を抜き、塩がたくさん付いている方から順に食べる。

 こういう粋な作法は経験していないとわからないから、教えてあげると若い女性は感心するわけです。

 牛肉の部位を覚えておくのもかなり効果的。たとえば一緒に焼き肉を食べに行ったとき「ミスジってどこ?」と聞かれたら、「キミだったらこの辺かな」と肩の後ろあたりをツンツン。

「イチボは?」と聞かれたらしめたもの。お尻をツンツンできますから(笑い)

https://www.news-postseven.com/archives/20170610_561363.html

という、まあ美術館に来ている若い女性に声をかける手順やらが書かれています。

ううん・・ちょいワル・・・

迷惑すぎる

 

このコラムをきっかけに美術館によく行く人や、美術館職員、この行為のに関してのコメントが殺到

そんな意見をまとめてみました

 

話題になるという土壌にはこれまでもこんな男性客が多く、一人で来る女性が迷惑被っていたのが表面化した形になっているのでしょう

このコラムをきっかけにもっとこういう人が増えたら、ただ芸術や美術を楽しみたい人はかなりの迷惑、

一人で気軽に芸術をじっくり楽しむことさえ奪われてしまう

妙な人が話しかけてきてうんちくを垂れ流し始めたら案内係や受付の人に相談して警備員を呼んでもらいましょう

物悲しい絵ですね…

        

ad

ad

  関連記事

佐野研二郎デザインのサントリーオールフリートートバッグ一部取り下げ

ネットからの指摘を受けてか、サントリーが夏は昼からトートの一部商品の発送と取り下 …

フライデー成宮寛貴薬物問題を垂れ込んだA氏がtwitterとブログ開設

成宮寛貴氏を追い詰める手を緩める気はない様子 フライデーにタレコミをしたとされる …

二度目の人生を異世界で作者の中韓ヘイトがひどすぎて炎上&声優降板

なんでこんな作品をアニメ化したのか 異世界へ行く作品は数あれど中国や韓国をバカに …

【マンガアプリ】Comico原稿料値切り、作家に対するパワハラがヤバイ【炎上】

漫画が無料で読めるという触れ込みで人気のマンガアプリ「Comico」 ここで連載 …

【佐野研二郎】博報堂の利権とコネなどの疑惑まとめ【オリンピック審査委員メンバー】

オリンピックのロゴパクリから始まり、トートバッグのネット画像無断借用といい 色々 …

くまみこ最終話 原作者の愚痴が話題に【Zガンダム】

話題になったほんわか日常系アニメくまみこ 熊巫女の最終話での作者さんの愚痴が話題 …