Present the France Trip

トレンドニュースや炎上、考察、面白いアプリやグッズなどを紹介

大阪で震度6弱前震の可能性本震前に備えられる災害対策まとめ

   

2018年6月18日07時58分頃、大阪府北部を震源とする地震がありました。

震源地はこちら

今回の地震は、東西にのびる「有馬-高槻断層帯」、南北にのびる「上町断層帯」や「生駒断層帯」の境目付近で発生したとみられています。
そのため、これらの断層帯のいずれか、もしくは複数が影響した可能性が考えられる状況です。

気象庁の発表によると、今回の地震は上記の中の「有馬-高槻断層帯」の影響が、最も大きいとみられます。
この断層帯では、1596年に慶長伏見地震(M7.5)が発生しており、同じ断層帯での地震発生は約400年ぶりです。

大きな余震にも警戒を

今回震度6弱を観測した地震は、震源が浅いところで発生していることから、余震が発生した場合は、震度5弱以上の強い揺れの恐れがあり、しばらくは警戒が必要です。
 

今からできる余震対策

 

これが前震か本震かはわかりませんが、熊本の地震も後に大きな揺れが起こっています。

断水、停電する前のオススメの準備を紹介して行きます。

防災マニュアル

 

東京防災

東京防災

東京都が発行する防災マニュアル。キンドル版なら無料なのでネットが通じているうちにダウンロードしてオフラインでも使えるようにしておくと便利です。

東京防災と書いてありますが、どこの街でも使える内容。災害時にはかなり役に立つ本です。

 

風呂に水をためておこう

 

断水に備えてペットボトルやタンク、風呂に水をためておくと断水時に利用できます。

防災本にもオススメの備えておきたい備品などが載っています。

こういった防災グッズは家に一つあると安心ですし、慌てなくて済みそうです。

もちろん、日常的に多めに買っておいて常備しておくことも大切な防災意識の一つ。

スマホのバッテリーは情報収集でどんどん無くなってしまうと思うので手持ちの予備バッテリーを充電するのもオススメ

ガスの供給も止まってしまうので火やお湯を使わない調理やカセットコンロも家にあると安心

お湯ではなく水を注ぐだけで食べられるレスキューライス

保険関係

 

地震保険に加入している人は地震の被害の様子を撮影してから片付けたほうが保険金が下りることもあるそうです。

家財も保険に入っていたら、ガラスや食器などが壊れても補填してくれる場合があるそうです。

(加入している各保険会社に確認してみてください)

建物にヒビ、欠損があればそれも撮影しておきましょう

フィギュアの転落防止アイテム

 

家にプラモデルやフィギュアがたくさんある人とって地震は大敵。

せっかく集めたアイテムの損失を防ぐ転倒防止用ジェル 「ミュージアムジェル」

棚の倒壊を防ぐために転倒防止マットや突っ張り棒を設置したり

資料室の本の散乱を防ぐためにベルトを張ったりと準備できることは多そうです。

最後に

 

日本に住んでいる限り地震は避けられないもの。せめて被害が軽くなる準備をしていきたいですね

        

ad

ad

  関連記事

ツイッター上の動画が自動再生 通信量制限にご用心 設定変更方法は

Twitterの公式アプリが更新です。その内容は 「Twitter上でより動画を …

かっこいいオヤジたち築地で働く男たちの写真集

築地で見られるのは美味しくて新鮮な魚だけではない? かっこいい大人の男たちが働く …

腕を仮想キーボード化するユーザーインターフェース開発成功!

すごい未来っぽい。NECが腕に投影するバーチャルインターフェースの開発に成功しま …

【WHO】性的パートナーを見つけられない人は障害者扱いに

彼女や彼氏、妻や夫を持たない人は全員障害者扱いになるんだろうか 性的パートナーな …

中国バブル崩壊、大和信託も取引停止、前後関係を詳しく解説

前回、中国バブル崩壊 1200以上の銘柄売買停止 これからどうなるを書いたのです …

【ZOZOTOWN】ツケ払い二ヶ月はかなり危険【破滅】

テレビのCMでZOZOTOWNのツケ払い2ヶ月のCMをガンガンやってますが この …