Present the France Trip

トレンドニュースや炎上、考察、面白いアプリやグッズなどを紹介

オーストラリアで安楽死が合法化 苦しみのない自殺幇助マシンが発表

   

オーストラリアのビクトリア州で先月、同国初となる安楽死を合法化する法案を可決されました。

この法案は、2019年6月から施行される予定で、他人が幇助する積極的安楽死が認められることになりそれに伴って

一分で安らかに自殺できる自殺幇助マシーン「サルコ(Sarco)」が発表されました

未来的なデザインとSF的な感じのするこのマシンは

オーストラリアのフィリップ・ニッツチク医師が代表を務める自殺幇助推進組織「エグジット・インターナショナル(Exit International)」が発表した物

めちゃくちゃ未来的なフォルムで冷凍保存とか宇宙のポッドとかそういったものに見えるのに実態は自殺幇助機 死への旅立ちの棺とは

なんというかこの設定だけで一本小説が書けそう。

ボタン一つで安らかに

 

ボタンを押すとポッド内に液体窒素が充満し酸素濃度を5%まで低下させ一分もしないうちに意識を失う(ニッツチク医師はこのプロセスを飛行機のキャビン内の圧抜きに例えている)

そして深い眠りにつくように苦しみもなく死んでしまうというもの

ポッドはそのまま棺としても利用できるそうです。

3Dプリンタで作れてしまう

 

このマシンの手軽で恐ろしいところは3Dプリンタで製作可能という点

サルコは「3Dプリンターで印刷しどこでも組み立て可能なように設計」がされているとエグジット・インターナショナルは説明しています。

ネットで無料のオープンソース化されて公開される予定だそうですが

不治の病で苦しむ人や高齢者にのみ利用を可能とするそうです。まずはメンタル問診票に回答し審査を受けなければなりません

 

積極的安楽死を認める国

 

日本では安楽死はまだまだ認められてはいませんが

安楽死を認める動きや合法化された国は徐々に増えています。

以下は2017年現在、他人による積極的安楽死を法律で認めている国や州一覧

・スイス – 1942年
・アメリカ(オレゴン州) – 1994年「尊厳死法」成立
・オランダ – 2001年「安楽死法」可決。
・ベルギー – 2002年「安楽死法」可決。
・ルクセンブルク – 2008年「安楽死法」可決。
・アメリカ(ワシントン州、モンタナ州) – 2009年
・アメリカ(バーモント州) – 2013年
・アメリカ(ニューメキシコ州) – 2014年
・アメリカ(カリフォルニア州) – 2015年
・コロンビア – 2015年
・カナダ – 2016年
・オーストラリア(ビクトリア州) – 2017年
・韓国 – 2017年

カラパイア http://karapaia.com/archives/52250373.html

 日本でも老々介護、寝たきりの状態、意識のない植物状態の人は多く

残された人、介護の負担が大きすぎる人、介護問題、超高齢化社会等多くなっているので

安楽死に関してはもっと積極的な議論が交わされるようになるかもしれません

参考:カラパイア http://karapaia.com/archives/52250373.html

サルコ開発組織↓

https://exitinternational.net/

銃夢の9巻に公衆自殺機械(エンドジョイ)がありましたが割りと現実になりましたね

        

ad

ad

  関連記事

コナミの石川って誰?桃鉄完全終了のお知らせ

さくまあきら氏がツイッター上で桃太郎電鉄について発言をした内容が話題となってます …

【大喜利】欠席する方が難しい!結婚招待状が話題【指差し】

これは断りづらい・・・というか故意なのかもしれませんが 欠席しづらすぎる結婚式の …

NY刑務所から凶悪犯脱走!映画のような鮮やかさ

厳しい警備で知られる米ニューヨーク州の州立刑務所から、殺人罪などで服役していた受 …

乗り物酔い防止メガネ「SEETROËN」フランスの自動車メーカーが発表

移動時間にスマホを見たり本を読みたいけれど乗り物酔いが酷くてなかなか出来ない人も …

ガリガリ君火星ヤシ味架空の商品を品切れ続出とフジテレビで紹介

前回、宮﨑駿さんの発言を誤ってテレビで放映し拡散したと話題のフジテレビ 今度はガ …

【メイプル超合金】カズレーザーの女装が似合いすぎる【リゾランテ】

お笑いコンビ メイプル超合金カズレーザーが女装した姿が似合いすぎる、 外国人の女 …