Present the France Trip

トレンドニュースや炎上、考察、面白いアプリやグッズなどを紹介

海底で作物を急成長させる温室Nemo’s Garden

   

海底で植物を育てる画期的な温室が登場しました。その名もネモズガーデン Nemo’s Garden

top_m1

海底の中で育てられる植物。

温室の空気は湿度が約83%を26℃を保っています。これは植物にとってはかなりの好条件。

イタリア沖の海の底に設置されています。深さは6mほど。

0005_m

この風船のような形状の温室で植物を育てています。水中の温度は一定で水は絶えず蒸発するので湿度には困りません。

二酸化炭素もよくたまるのでこれのお陰で植物が急成長するそうです。

0003_mオーシャンリーフグループ – ダイビング機器会社は現在バジル、レタス、イチゴや豆などの種類の植物を育て成長を観察しています。

湿潤環境としては完璧なので他にはキノコ等の菌糸類も育てられないか計画中や実験中なんだとか。

急成長するのでどんどん植えてどんどん収穫なんてできるようになるんでしょうか?

0001_mこのアイディアを思いついたのはオーシャンリーフグループの社長セルジオガンベリーニ氏

イタリアの海にバカンスに来ていた時、この狂気とも言えるアイディアを思いついたんだとか

0002_m
このプロジェクトも4度の失敗を経てようやく実現したもの

2015年現在では温室内部にセンサーやカメラを設置し、湿度・PH値・気温・二酸化炭素濃度などのデータをリアルタイムで管理しているほか、Ustreamでリアルタイム配信も行っています。

栽培植物を販売するまでには至っていませんが、ガンベリーニ氏の奥さんが海底温室から収穫したバジルでバジルペーストを作るなどして消費しているそうです。

SnapCrab_NoName_2015-8-25_12-21-59_No-00中はこんな感じ。案外広い

オーシャンリーフは現在の海底温室を小さくしたタイプの開発に乗り出しており、2015年6月に実施したKickstaterのキャンペーンでは目標金額を上回る3万1130ドル(約380万円)を集め、その開発資金を元に計画が実行中だそうです。

栽培する植物も、マッシュルームなど湿度管理が必要な種類を増やしていく計画が練られており、今後の展開に大きな注目が集まっています。

http://gigazine.net/news/20150822-greenhouse-underwater/

        

ad

ad

  関連記事

【-71.2℃】世界で最も寒いロシアのオイミャコン村

ヨーロッパの各地に記録的な寒波が押し寄せ、難民やホームレスの生活が危機に貧してい …

ねこあつめならぬ ようじょあつめ 話題の新アプリ

これはぎりぎりオッケー?アウト? 一部で話題(?)な新アプリ ようじょあつめのア …

コインロッカーではなくお店に荷物を預けるecbo cloakで手ぶら観光

イベントでや旅行で東京や大阪に遠征しても着替えや荷物、キャリーバッグなどを持って …

ルネサンスアート美しき彫刻 女性の美と纏う布の繊細さがすごい

ルネッサンス時代に影響を受けた彫刻家の作品が素晴らしい ルネサンス時代、女性の曲 …

【天才】卒業制作の書き時計がすごいと話題【動画】

これはまさに神業? 東北芸術工科大学の学生が卒業制作でつくった「書き時計」という …

最新刊の絵をすべて「いらすとや」で無料公開100万の命の上に俺は立っている

いらすとやの万能力と無料で公開しストーリーをの魅力を広めることもでき、話題になる …