Present the France Trip

トレンドニュースや炎上、考察、面白いアプリやグッズなどを紹介

鬼怒川決壊でも流されない!ヘーベルハウスの評価上昇

   

鬼怒川氾濫で激流に飲まれた住宅街でしたが、その中でもその激流に流されなかった家が今話題になっています。

kinugawa_asahikasei-3家二軒が流れてきても流されない頑丈さ!

COh3RSzUcAA9OuEこの家の持ち主も無事救助されましたし、そばの電柱にいたおじいさんも助かりました。

COiWotTVAAA-B89

水の流れをせき止めていたおかげで住民もおじいさんも助かったのではないかと話題です。

さて、この家はハァイ でおなじみヘーベルハウスのお家だったそうです。

COiWps1VEAAkfFEそのおかげ?で旭化成の株価が急騰

 COiBL4OUkAA3aMu

 COlUB4wUEAAlBJn一夜明けても流されず元の場所にしっかりと建ってました。

災害に強いぞヘーベルハウス! 阪神淡路大震災のときも延焼を防ぐほどの防火性があったそうです。

もちろん、ヘーベルハウスの要塞っぷりはすごいのですが、その分やっぱり料金は高め

普通のグレードの家の2倍の価格、維持費も結構掛かりそうですが、コレで助かった方もいますし、たくさんの機関で報道されたので ヘーベルハウスでお家を建てる人が増えるかも。

一番良いのは土地からしっかり調べることだと思います。

崖崩れしない場所、川辺や海の近くに家を建てない、岩盤が硬い所、長くある古い神社やお寺が近くにあるところ、地名が怪しくない所を家を建てる時には気にしたい所です。

「鬼怒川」という名前の由来には諸説ありますが、いつもは穏やかに流れている川が、一旦荒れると字のごとく、鬼が怒ったように荒々しくなることから、鬼の怒る川と名付けられたという説。

というのもあるそうです。参考

ちょっと前にがけ崩れした場所の旧名が八木蛇落地悪谷と呼ばれていたそうです。

働く場所の関係で厳しいかもしれませんが・・・もしも家を建てる時には参考にしたい考えです。

それでも日本は自然災害よく起こる国というのを忘れずに被害が少なくなるような心がけをしていきましょう。

        

ad

ad

  関連記事

【格安VR】Oculus GO 販売開始2万円台で購入可能のスタンドアロンVRセット!

VRのヘッドセットも大分安価になりい手が出しやすい価格帯になってきました &nb …

【大喜利】欠席する方が難しい!結婚招待状が話題【指差し】

これは断りづらい・・・というか故意なのかもしれませんが 欠席しづらすぎる結婚式の …

【縦読み】SMAP解散騒動謝罪会見 反応まとめ【Twitter】

悪夢のような謝罪生放送から一夜明けましたがまだ気分が落ち込んでいます。 コンサー …

あの花 実写ドラマ化決定!スタッフ、関係者をまとめてみた

ついにあの花こと、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』がついに実写ドラマ …

アイドルのキスの感触をネット配信!? スマホデバイスが登場

これで憧れのアイドルとのキスも体験できる スマホでキスの触感を再現するデバイスが …

おそ松さんコスプレBLAVイチカラはじめよう【一カラ】

追記2:保バス版発売決定 課外授業はお静かに!-とあるバスケ部員の恋模様- 4, …