Present the France Trip

トレンドニュースや炎上、考察、面白いアプリやグッズなどを紹介

【原因はFlash】広告見ただけでウィルス感染 VVVウィルス【対策方法】

   

s256_f_business_94_0bgなんかヤバそうなコンピューターウィルス出てきました・・・・!

その名もVVVウィルス

広告を見ただけでウィルス感染してすべてのファイルが拡張子vvvにされてしまいます。

被害にあった方の画像がこちら

pBuSmCIZ.jpg:largeこ、これはひどい。

なんでも、今年7月ごろから不正プログラムの仕込まれたバナー広告が様々なサイトにランダム表示していることで被害を拡大させている様です。

VVVウィルス症状まとめ

●ディスク上すべてのファイルを暗号化したうえで拡張子がvvvにリネーム
●感染したら最後復旧不能
●感染経路は仕込まれている広告を「表示」した時点
●アンチウィルスソフトが効かない
●復元ポイントまで消される
●解除キー対する身代金要求

すべての広告でウィルス感染するわけではなくFLASHで再生されるものからウィルス感染する様です。

まとめサイトなどからの感染も報告されています。

見るところばっかり

海外エロフラ系広告などはVVVウィルス感染する場合が多いと思います。Xvideosなどエロ動画無料サイトや、同人を無料で公開しているところ、アニメの不正視聴できるサイトなどなどありますがそういうところをPCで開かない方が賢明です

ところでここのサイト、入れてる広告はgoogle adとnendと楽天のウィジェットぐらいしか入れてないので多分そこそこ大丈夫なはずです。 Flash系の広告はないはず。

FLASH対応してないiPhoneなどスマホではインターネットサーフィンやっても問題ないです。フラッシュ切り捨てたジョブズは偉大だった。

対策方法

 

むちゃくちゃ詳しく書いてあったサイトがこちら。広告無しで安全です。

http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/1917527.html

●フラッシュ広告から感染するのでFlash対応してないiOS系列のスマホで見たら感染はないはず●こまめにバックアップする。
●Javaを常に最新版にする
●Adobe Reader /Flash Playerの更新
●WinUpdateを最新にする
●大切なファイルは外付けHDDに移して物理的に隔離

スポンサーリンク

しかし最新に更新すると見せかけて偽のサイトでウィルスをダウンロードさせるなどもあって何も信じられない世界

●FlashなどのAddonが自動実行されないように設定する
●FlashなどのAddonが自動実行されない QupZillaOtter Browser  などのブラウザを使う
●広告をブロックする

この辺が大切な様です。一応こういうソフトもあります。

 

原因は何?

 

New TeslaCrypt version Released with Minimal Changes
2015年5月ごろ CryptoWall が感染方法の強化を行い、TeslaCrypt 2.0 が同じアプローチをとるようにリリース。誘導サイトは CryptoWall ものを流用して作成されている
2015年10月13日に TeslaCrypt 2.2.0がリリースされ、拡張子が ccc して身代金を要求するものとして作成、2015年11月下旬に拡張子を cccではなく vvv にするものがリリース
12月上旬から猛威をふるってるのがCryptoWall とTeslaCrypt  の最新版の2種類

CryptoWall とTeslaCrypt  が今回の騒動の主な要因っぽい

どうもwindows10強制更新うんぬんが関係ありそうなかんじ。

AVG ニュースルーム – 重要なセキュリティ情報 | セキュリティ対策ソフト、ウイルス対策ソフトのAVG
Windows 10 のインストール後、AVG がご利用できなくなる場合があります。
これは通常、Windows 10 へのアップグレード前にインストールされていたAVGのバージョンが、互換性のないものであったことが原因です。
この場合は、AVG 2015 を改めてインストール、アクティベートしてください。

一部の Windows 10 環境でOSのメジャーアップデートをおこなうと、ESET製品が正常に動作 | ESETサポート情報 | 個人向け製品 | キヤノンITソリューションズ

ESET 製品をご利用の Windows 10 環境において、2015年11月12日より順次配信が開始されております、Windows 10 のメジャーアップデート(ビルド番号 10586)を適用した際に、ESET製品に以下の不具合などが発生する可能性があります。

    ウイルス・スパイウェア対策機能が無効になる
    ESET製品のアイコンが表示されなくなる

どうもwin10に更新した結果一部のウィルス対策ソフトが動作しなくなる&Windows 10には Windows Defender がインストールされていると、アンチウィルスが入っていなくても警告が出なくなるというお節介機能があるようです。

つまり、Windows 10にアップグレードしたPCがセキュリティソフトが入ってるつもりでも動作していないというユーザーが急増しているためここまで大きく感染したのかもしれない。

強制アップグレードwin10関連の記事はこちら

【強制】手動更新で勝手にwindows10にチェックが入る 対処方法

もうPCの時代は終わりみんなスマホに移行しよう・・・という企業の黒幕とかあるんですかね。知りませんが。

とりあえず皆さん気をつけてください。

DMM.make DISPLAY
        

ad

ad

  関連記事

ブラックジャックによろちんこamazonに勝手に無料配信された作者が激怒

漫画、ブラックジャックによろしくの作者佐藤秀峰氏がツイッター上でamazonに自 …

【レインボー】まるで異次元google mapで見る変なところ【ザ・スケリーズ】

Twitterで不可思議な画像が流れてきました。 グーグルマップで遊んでたら変な …

【WHO】性的パートナーを見つけられない人は障害者扱いに

彼女や彼氏、妻や夫を持たない人は全員障害者扱いになるんだろうか 性的パートナーな …

この差ってなんですか?マナー押し付けすぎるという番組が酷いと批判の声

マナーと言えば聞こえは良いものの、それを押し付けるのはどうなのか? 就活マナーだ …

【ベンハムの独楽】完全白黒なのに色がついて見えるアニメ【錯視】

白黒なのに色がついて見える不思議なイラスト その名も「ベンハムのコマ」 いま不思 …

カードが作れなくなるブラックリスト入りの若者が増加中原因は

スポンサーリンク クレジットの審査に落ちる 最近クレジット審査に落ちる人が若者を …