Present the France Trip

トレンドニュースや炎上、考察、面白いアプリやグッズなどを紹介

【アジア人医師】ユナイテッド航空乗客暴行事件まとめ【炎上】

   

ユナイテッド航空で定員超過のため乗客を引きずり下ろし、暴行したという事件が話題になっています。

情報が錯綜していますが、事件の内容をまとめました。

事件の概要

 

そもそもの原因はユナイテッド航空の予約ミス

4月9日ユナイテッド航空が座席予約が過剰になり

出発直前になって定員超過のため乗客に飛行機を降りるように志願者を募りました

800ドルと1泊無料の特典をつける条件をユナイテッド航空は示しましたが降りる乗客は一人も出ず

コンピューターに寄ってランダムに選ばれた4人を選び強制的に下ろすことに決定

しかしアジア人医師が抵抗し シカゴ警察がスタンガンを使用

後頭部殴打と大出血の大怪我をしたと現地メディアは速報しています

そもそもなんでオーバーブッキングを起こしたのか

予約超過はシステムのミスではなくユナイテッド航空の社員4人を飛行機に乗せるために

無理やり引き下ろしたとされています

本当にランダムだったのか?

コンピューターによってランダムで乗客を選んだとされていましたが選ばれた4人は全員アジア人

登記拒否したアジア人医師をシカゴ警官がスタンガンを使用し強制降機

その時の様子が撮影されユナイテッド航空が批判されています

男性は頭部強打と出血

何故かその後登場許可される

 

しかしこの騒動の後搭乗許可された男性医師

ユナイテッドCEOの発言

この事態を受けてCEOが声明を発表

内容を見ると

ユナイテッド社員一同動揺しています。

「座席の再調整」をさせていただいたお客様にはお詫び申し上げます

スポンサーリンク

現在この事態の詳細な調査を進めていること、また当該の乗客と直接話し合いを持ち、解決したいとのこと

更に炎上

今回の騒動のことを”Re-accommodating” 座席の再調整という言い方をしたがためにさらに炎上

「お前のところの会社は座席の再調整のために乗客を飛行機から引きずり下ろすのか」等避難のリプライが公式アカウントに飛んでいます

社員が動揺するという被害者ぶった発言も癪に障ります

さらにこの文面には暴行したことに対しての謝罪もなしときた

ユナイテッド航空過去のやらかし

 

ユナイテッド航空 2012年、ミュージシャンが預けたギターをUAが折る→

その件を歌にしてyoutubeで公開、UAは未だ謝罪せず

ユナイテッド航空にギター壊された人が作った歌。

メンタルが強すぎる

2017年、レギンス着用少女二人をドレスコード違反という謎理由で搭乗拒否

ソースhttp://www.huffingtonpost.jp/2017/03/27/leggings_n_15632464.html

この件は無償フライトの搭乗を拒否されたもので

”パスライダーズ”制度といいます

この特典を利用する従業員や‘パスライダーズ’は、ユナイテッド航空を代表しているとみなし、ドレスコードに従うようことが搭乗の条件

そのためレギンスはドレスコードに従ってはいないと判断されたのでした

2017年、定員超過解消のためアジア系乗客を暴行して排除

そして今回の事件

なぜかユナイテッド航空の株価が上がっています

単に話題だから買おうというのもあるかもしれませんが

最近のアメリカの人種差別的な運動の支持も関係しているかも・・・

と思うとアメリカに気軽に旅行できなくなっているのかもしれません

 

DMM.make DISPLAY
        

ad

ad

  関連記事

【星海社】新人賞座談会の批判と余波まとめ ぷちぇインクロニクル連載終了【ツイ4】

ツイ4というツイッター上で4コマ漫画を連載するサイトがあるのですが、そこでの連載 …

【DV】ゲーム機破壊高嶋ちさ子の教育がやばい【twitterまとめ】

子供の教育方針と言われればそれまでだけどバイオリニスト高嶋ちさ子の新聞の投書がや …

量産機になるな HALのCMに反論多出?何が癪に障るのか

スポンサーリンク 量産機になるな 印象的なフレーズの大阪HALのCMが今話題のよ …

佐野研二郎デザインのサントリーオールフリートートバッグ一部取り下げ

ネットからの指摘を受けてか、サントリーが夏は昼からトートの一部商品の発送と取り下 …

テレビやニュースでの佐野研二郎エンブレム問題特集まとめ

ずっとネットで話題になっていた佐野研二郎氏デザインエンブレム問題についにマスコミ …

【いい所】実写版進撃の巨人 賛否両論の感想と監督のつぶやきなどまとめ【悪いところ】

実写版がついに公開されました。 評価は・・・正直賛否両論!といったところでしょう …