Present the France Trip

トレンドニュースや炎上、考察、面白いアプリやグッズなどを紹介

【ミュシャ展】世界初スラヴ叙事詩公開【国立新美術館】

   

ミュシャが好きな人にはたまらない展示会 国立新美術館で開催です

ミュシャ展

ミュシャといえば優美で装飾的な作風 美しい女性像や植物等華やかな作風で

現代の芸術面や文化面などに多大な影響を与えています

もっと知りたい ミュシャの世界 (TJMOOK)

ミュシャといえばこんな画像のイメージがありますね

 

こういった画風で活躍する一方故郷チェコや自身のルーツであるスラヴ民族のアイデンティティをテーマにした作品を数多く描きました。

その集大成が、50歳で故郷に戻り、晩年の約16年間を捧げた画家渾身の作品《スラヴ叙事詩》(1912-1926年)です。

 

およそ縦6メートル、横8メートルに及ぶ巨大なカンヴァスに描かれた20点の油彩画は、古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を映し出す壮大なスペクタクルであると言えます。

スポンサーリンク

この巨大キャンパスに描かれた作品は当時は殆ど人の目に触れることはありませんでした

そして80年以上の時を経て2012年5月、ついにプラハ国立美術館ヴェレトゥルジュニー宮殿(見本市宮殿)にて全作品が公開されました。

そして2017年、国立新美術館でこれら幻の最高傑作が一挙に展示されます。

チェコ国内以外では初の公開、ミュシャが好きな人には貴重な展示になると思います

会期 2017年3月8日(水)ー 6月5日(月)

一般1600円

貴重な機会をお見逃しなく!

DMM.make DISPLAY
        

ad

ad

  関連記事

小林幸子がゴスロリに!?ラスボスは更に進化していく

小林幸子さんはいつまでたっても若く精力的な方だと思います 小林幸子さんが人生初の …

ハーゲンダッツ 抹茶きなこ黒蜜味 新登場

ハーゲンダッツから新商品 ジャポネ<抹茶きなこ黒蜜>が登場です。 全国のセブン- …

世界各国のスーパームーンの写真が幻想的

昨日のスーパームーン綺麗でしたね。こっちじゃ少し曇ってしまってあまり見れませんで …

【セドル】プロ囲碁棋士4戦目にして勝利【AlphaGo】

人間VSAI すごい戦いになってきました AIの進化もすごいですが人間の可能性も …

【芸術家】奈良美智の作品に酷似した韓国コスメを訴えるが逆に訴え返される【韓国】

ひどすぎる事件です 韓国のコスメ会社の製品のなのだけれども、あまりにも自分の絵柄 …

【水しぶき】美しい写真の背景にはこんな努力があった【自ら飛び込む】

美しい写真を撮るには相応の努力が必要? 素敵な写真を取るために体を張るカメラマン …