Present the France Trip

トレンドニュースや炎上、考察、面白いアプリやグッズなどを紹介

【中国】iPhone以外もiPhoneと名乗ってもいいという判決が出る

   

これは中国らしい判決

Apple社と中国の革製品メーカーが争っていた裁判で、Appleの主張が退けられ、ハンドバッグや財布、パスポートケースなどのブランド名として「IPHONE」を掲げることが許可されました。

000

スマホケースにはIPHONEの刻印002_m

ハンドバッグにも

003_mパスポートケースにも

スマートフォンとしてのiPhoneは2007年にデビューしましたが、Appleが中国において「iPhone」を「電気通信機械器具、電子応用機械器 具及びその部品」の分野で商標登録出願したのは2002年で、実際のデバイスの販売は2009年から行われました。

一方で、中国のメーカー・新通天地 (Xintong Tiandi)は2007年に「IPHONE」を「革及びその模造品、旅行用品並びに馬具」として商標登録し、財布やバッグといった革製品に 「IPHONE」という文字を刻印してきました。

電気通信機として登録された「iPhone」と革製品、旅行用品の製品名として「IPHONE」を登録したために

スポンサーリンク

名乗ってもいいということになった様子。2007年にはヨーロッパ各国で発売されていたのでブランド名にあやかろうとしたんだと思いますが・・・小文字と大文字の差は大きい?

Appleは商標の独占を求めて2012年に中国の商標当局に申し立てを行いましたが認められず、2013年に敗訴

その後、控訴していました。そして今回、日本の高等裁判所に相当する北京の高級人民法院によると、Appleは新通天地が商標登録を行った2007年に既に中国で「iPhone」が広く知ら れるところであったと証明できておらず、商標権侵害はなかったとの判断が下されました。

また、Appleは自社の製品に「i」という文字を関していますが、高級人民法院は「i」と「I」の使用について区別しておらず、いずれも裁判においては「IPHONE」と認識されていました。

Appleは本裁判についてコメントしていませんが、新通天地は、裁判所の判断は「自由市場」を反映したものであり、「消費者の利益のため、我々はAppleと共に『iPhone』の商標で大きな達成を果たすでしょう!」とウェブサイトでコメントしています。

なお、Appleが中国における商標権について争ったのは今回が初めてではなく、2012年には中国での「iPad」での商標権を巡って台湾の Proview Electronics(唯冠科技)と裁判を行い、最終的にAppleがProview Electronicsに6000万ドル(約66億円)を支払うことで商標権を確保しています。

http://gigazine.net/news/20160521-iphone-name-in-china/

パクリやオマージュ商品はたくさんありますが、真正面から争ってAppleが負けるとなるとこういった商品はもっと出てくるでしょう

いくら正式名称を名乗っていても別会社のパチもんの確率が上がる・・・気をつけて買い物したいです

DMM.make DISPLAY
        

ad

ad

  関連記事

ディズニープリンセスがもしダークサイドに堕ちたら?

闇堕ち、悪堕ちが好きなのは日本だけではありません(?) カリフォルニアの漫画家で …

ヨーロッパの美しい廃墟写真

人はなぜ廃墟を求めるのか。そういうところをめぐって写真を撮る人は日本にも海外にも …

シリア内戦で変わってしまった町の比較写真

  シリアにあるアレッポの街、同じ場所の過去と現在を比較した写真が話題 …

【スプーン】変な自撮り棒特集【恋人の手】

なんというかアメリカ人?ヨーロッパ人?自撮り好きすぎだろ。日本人の女性たち以上に …

LEDで人の動きを撮影するとこんなにも美しい

弦楽器をLED付きの弓で演奏して長時間露光で撮影しているそうです。 弓がどんな動 …

カラフルすぎる!ニューヨークでレインボーベーグルが流行る

この色味はまさにアメリカ。アメリカを象徴する色味。 ニューヨークでレインボーベー …