Present the France Trip

トレンドニュースや炎上、考察、面白いアプリやグッズなどを紹介

ラフ画を自動でペン入れして線画にしてくれるニューラルネットワーク技術

   

これは絵を描く人にとって革命になるかも?

00ラフ画を自動的に線画してくれる新技術が早稲田大学の研究室によって発表されました。

SnapCrab_NoName_2016-4-29_16-6-21_No-00

幾つもの線が重なった部分も綺麗に線画になっています。

SnapCrab_NoName_2016-4-29_16-8-47_No-00ラフ特有の曖昧な複数の線も抽出して綺麗になっています。線の取捨選択をここまで自動にできるなら絵を書くのも効率的になりそう。

SnapCrab_NoName_2016-4-29_16-6-3_No-00

これまで、スキャンした鉛筆画など複雑なラフスケッチの線画化は非常に困難でした。

しかし、新しい手法では3種類の畳込み層から構成されるニューラルネットワークモデル(畳み込みニューラルネットワーク)によって複雑なラフと線画の対応を学習させることで、技術を可能にしたとのこと。

この手法では入力する画像のサイズを問わず、出力される線画は入力画像と同じサイズになるそうです。

スポンサーリンク

http://gigazine.net/news/20160428-have-i-been-pwned/

詳しい仕組みや理由についてはちょっと良くわからないので詳しくは論文をどうぞ

ラフスケッチの自動線画化

このまま線画として使うにはちょっと途切れていたり、余計な線もあるので

この仕組みを使いつつ手動で直せば使いやすい機能になりそう。

その内これを利用した機能を搭載したお絵かきソフトが出るかもしれません。

モノクロ写真をカラーに

 

同研究所では他に白黒写真の自動色付けに成功しています。

大域特徴と局所特徴の学習による白黒写真の自動色付け
http://hi.cs.waseda.ac.jp/~iizuka/projects/colorization/ja/

SnapCrab_NoName_2016-4-29_16-21-40_No-00モノクロ写真が一気にカラーに!

014_m

ディープネットワークを用いて、入力した白黒画像を自動的にカラー画像として出力してくれる技術で、自動線画化の技術と同じく畳折りネットワークを使うことで、画像全体の構造を考慮した自然な色づけが行えるとのこと。

仕組みとしては、まず人工知能を用いて写真全体の特徴を抽出し、要素ごとにフィルタリングして適切な色づけを行うというもの。

http://gigazine.net/news/20160428-sketch-automatic-line-drawing/

つまりは人工知能がこの写真に映るものは木だ、人間だ、建物だと判断して色を自動で塗っているということだろうか

人工知能すごい・・・

この白黒写真をカラーにする技術のソースコードはGitHub上で無料公開中です。

興味のある方、技術のある方利用してみてはいかがでしょうか?

https://github.com/satoshiiizuka/siggraph2016_colorization

DMM.make DISPLAY
        

ad

ad

  関連記事

おそ松さん第1話 パロディしすぎてDVDに未収録決定

赤塚不二夫生誕80週年を記念して制作されたアニメ おそ松さん 今期で一番女性人気 …

【天才】5歳児が値段を決める美術館が面白い

子供の感性とか感覚ってなんだか特別なもの そんな大人が忘れた感性をそのままに5歳 …

【レインボー】まるで異次元google mapで見る変なところ【ザ・スケリーズ】

Twitterで不可思議な画像が流れてきました。 グーグルマップで遊んでたら変な …

【実写版】鋼の錬金術師イタリアでの撮影がリークされる【写真】

\🎬✨遂にクランクイン👊/ 撮影順調!『#鋼の錬 …

【カツ丼】最近のフリーズドライの性能がすごい【アマノフーズ】

フリーズドライの技術はここまで進化した! 宇宙でカツ丼を食べられる・・・そんな日 …

困り顔の猫Luhuが愛らしすぎる【動画あり】

悲しげな顔の猫Luhuちゃんが今インスタグラムで話題です。 愛らしくも悲しい瞳に …