Present the France Trip

トレンドニュースや炎上、考察、面白いアプリやグッズなどを紹介

1億3000万のジャガイモの写真【価値とは】

   

ただのジャガイモお写真に1億3000万の価値がついたと話題です。

何がどうなってそんな値段になったんだろうか・・・・

CZLCybzUAAATayR

 これがその写真。「Potato #345」と名付けられたこの作品になぜか100万ユーロ(約1億3000万円)払った人がいるというのだ。

なぜこんなに高額なのか

この写真はアイルランド出身の芸術家でケヴィン・アボッシュさんによるもの。彼はジョニー・デップやスティーブン・スピルバーグ監督などの顔を撮影した肖像写真で知られています。

スポンサーリンク

アボッシュさんは1月20日、ビジネス・インサイダーのインタビューで、2015年に「Potato #345」を100万ユーロで売ったことを明かしました。

アボッシュさんの作品は通常2000万円程度で取引されていて、主な顧客は有名人やシリコンバレーで活躍する社長などセレブ中心のようです。

Peta Pixelによると、「Potato #345」は今まで取引されたアボッシュさんの作品の中で最高値を記録しました

写真を買ったのはヨーロッパの実業家の男性で、アボッシュさんの自宅を訪れた際に何杯かワインを飲みながら商談を成立させたという。

・・・ようやくするとつまりは酔った酒の勢いってところです。

芸術の価値とは・・・。彼はセレブ中心に肖像写真を撮ったり作品を作るような人なので実業家としてはアピールの一環なのかもしれません。

こうやってニュースにもなってますしね。

しかし、桁も世界も違いすぎてわからなくなります。

参考・http://www.huffingtonpost.jp/2016/01/29/think-how-many-french-fries-that-could-buy_n_9117760.html

DMM.make DISPLAY
        

ad

ad

  関連記事

【窓に窓に】ポストイットでアピール合戦 ポストイットアート【オフィス】

オフィスの窓にポストイットでメッセージを書いたのがすべての始まり ポストイット戦 …

頻出するJ-POPの単語でかるた「狩歌」が面白そう

お正月の定番となるか? 邦楽ってだいたいおんなじような歌詞ばかり・・・と思ってい …

マイクロチップを身体に埋め込むSFな時代がやってきた。

技術的には出来ると思ってました、後は倫理的な問題・・・。 SF的な完全管理された …

鬼怒川決壊の原因はソーラーパネル設置工事にあった?【動画あり】

鬼怒川の堤防が決壊し家が浸水したり流されたりの大災害となっています。 現在でも自 …

描いた絵を自動でリアルな猫に変換してくれるウェブサービスがかわい・・怖い

また不思議なウェブサービスが登場 描いた絵をリアルな猫ちゃんに変換してくれるサー …

ギリシャ銀行営業停止 ユーロ圏離脱デフォルトか これからどうなる

欧州中央銀行(ECB)がギリシャへの流動性支援を打ち切り、取り付けの殺到していた …