Present the France Trip

トレンドニュースや炎上、考察、面白いアプリやグッズなどを紹介

鬼怒川決壊でも流されない!ヘーベルハウスの評価上昇

   

鬼怒川氾濫で激流に飲まれた住宅街でしたが、その中でもその激流に流されなかった家が今話題になっています。

kinugawa_asahikasei-3家二軒が流れてきても流されない頑丈さ!

COh3RSzUcAA9OuEこの家の持ち主も無事救助されましたし、そばの電柱にいたおじいさんも助かりました。

COiWotTVAAA-B89

水の流れをせき止めていたおかげで住民もおじいさんも助かったのではないかと話題です。

さて、この家はハァイ でおなじみヘーベルハウスのお家だったそうです。

COiWps1VEAAkfFEそのおかげ?で旭化成の株価が急騰

 COiBL4OUkAA3aMu

 COlUB4wUEAAlBJn一夜明けても流されず元の場所にしっかりと建ってました。

スポンサーリンク

災害に強いぞヘーベルハウス! 阪神淡路大震災のときも延焼を防ぐほどの防火性があったそうです。

もちろん、ヘーベルハウスの要塞っぷりはすごいのですが、その分やっぱり料金は高め

普通のグレードの家の2倍の価格、維持費も結構掛かりそうですが、コレで助かった方もいますし、たくさんの機関で報道されたので ヘーベルハウスでお家を建てる人が増えるかも。

一番良いのは土地からしっかり調べることだと思います。

崖崩れしない場所、川辺や海の近くに家を建てない、岩盤が硬い所、長くある古い神社やお寺が近くにあるところ、地名が怪しくない所を家を建てる時には気にしたい所です。

「鬼怒川」という名前の由来には諸説ありますが、いつもは穏やかに流れている川が、一旦荒れると字のごとく、鬼が怒ったように荒々しくなることから、鬼の怒る川と名付けられたという説。

というのもあるそうです。参考

ちょっと前にがけ崩れした場所の旧名が八木蛇落地悪谷と呼ばれていたそうです。

働く場所の関係で厳しいかもしれませんが・・・もしも家を建てる時には参考にしたい考えです。

それでも日本は自然災害よく起こる国というのを忘れずに被害が少なくなるような心がけをしていきましょう。

DMM.make DISPLAY
        

ad

ad

  関連記事

猫耳ヘッドホンAXENT WEARがワイヤレスに

可愛すぎる!未来すぎる?まるでボーカロイドのキャラクターに描かれているイラストの …

SNS、スマホ中毒を表す皮肉たっぷりの風刺イラスト

スマートフォンが台頭してきて数年、ソシャゲにSNSにスマホばかり眺める人間が増え …

「糖質制限ダイエット」の第一人者桐山秀樹さん心不全で死去

糖質ダイエットが悪いとはもちろん言い切れないけれど 糖質制限を広めた伝道師として …

カードが作れなくなるブラックリスト入りの若者が増加中原因は

スポンサーリンク クレジットの審査に落ちる 最近クレジット審査に落ちる人が若者を …

【少年マガジン】講談社編集次長妻殺害容疑で逮捕【進撃の巨人他】

東京都文京区の住宅で昨年8月、住人の女性が死亡する事件があり、警視庁は10日午後 …

ダイヤモンドを越える硬度と輝き 米大学が新素材を開発

ダイヤモンドよりも硬い!そして美しい!そんな新素材が出来たというニュースです。 …