Present the France Trip

トレンドニュースや炎上、考察、面白いアプリやグッズなどを紹介

エプソンのプリンターのインク交換詐欺だと話題に。インク残りすぎ

   

エプロン純正のインク高すぎだろ、交換早すぎだろとか思ってましたが、ほんとにたくさんインクが残ってました。

SnapCrab_NoName_2015-9-23_13-54-51_No-00今回問題となっているのは家庭用ではなく業務用プリンターのインクです。問題の動画はこちらから

プリンターにはインク残量が1%で交換表示になってますが、ホントはたくさんインクが残っているのでは?と思い実験することにしたそうです。

実験に使われたのはEPSONの業務用プリンター「Stylus Pro 7900」です。

SnapCrab_NoName_2015-9-23_14-0-5_No-00プリンターの表示では残量1%、交換表示になってます。

動画で解体しているのはこの交換インクかな?

SnapCrab_NoName_2015-9-23_14-0-40_No-00この残量低下表示のインクタンクを解体して中を見てみると

SnapCrab_NoName_2015-9-23_14-1-26_No-00大量のインクが出てきました。

スポンサーリンク

SnapCrab_NoName_2015-9-23_14-4-59_No-00たしかにこの量は1%とは言いがたいです。

SnapCrab_NoName_2015-9-23_13-54-51_No-00投稿者の男性によると、350mlのカートリッジには80ml、700mlのカートリッジには120mlのインクが残っていたとのこと。約20%ほどのインクが使われないまま交換するよう警告が出ていたことになるそうです。

インク代ってものすごい高額ですし、20%はバカに出来ない出費になります。

男性はこの不自然な点についてエプソンに何度も問い合わせたが、ずっと無視され続け、挙句の果てには「あなたが間違っています」とだけ言われて連絡が途絶えてしまったとのこと。

そこで今回の検証動画の公開をしたそうです。エプソンに訴えられる可能性はありますが、この動画は結構な波紋を呼んでますので何かしらの対応はされると思います。

しかし、日本でもインク代ってほんとに高いですよね。

wifi機能付き、スマホでもプリントできるこの高性能なプリンターがたったの7000円ちょっとでアマゾンで買えるのに対し

純正インクの販売価格は4600円。消耗品なのに。

プリンターは安く売り、消耗品で稼ぐ戦略とも言えるのかもしれませんが。

うちでも年賀状自宅で印刷したらあっという間にインクなくなりますし写真印刷したらあっという間になくなります。

写真屋さんで現像したほうが安いし綺麗だろうなぁ。

日本のプリンターのインク販売戦略もこれに影響をうけて少しは変わるかもしれませんね。

DMM.make DISPLAY
        

ad

ad

  関連記事

【JASRAC】映画音楽の使用料を興行収入から1~2%徴収!?【値上げ】

  JASRACは日本の音楽著作権協会 スーパーや個人店で流す音楽も、 …

1億3000万かけた東京PRロゴとニュージーランドの弁護士のロゴが完全一致

ロゴ作るにも○に&というシンプルすぎるものじゃなくててもっと凝ったものにすればか …

5歳の女の子の結婚式 難病の手術控えての夢の実現

5才の女の子の願いは結婚式をあげること 名前はソフィア・チアパロネ 米国コネチカ …

【危険?】太陽を見るダイエットが香港で流行中【光合成?】

様々なダイエット方法はあれどこんなダイエットは見たことがない。 香港の女性の間で …

iphone7 は横に広がるスライドスクリーン式へ?【大画面】

ちょっとこれはすごいギミックかも なんと画面が横に広がる 新技術フレキシブルディ …

1900年代の古い写真店を精巧なミニチュアで再現が素晴らしい

精巧で美しいミニチュア・・・・ このミニチュアは紙や木、プラスチック、銅などを使 …